2006年09月18日

メルシャン勝沼ワイナリー見学ツアー(2006/8/20)

8/20、山梨県の勝沼にある「メルシャン勝沼ワイナリー」を見学するバスツアーに参加してきました。


朝7:00に久屋大通駅前に集合し(まじですか・・・?と思いましたが、なんとか遅刻せずつくことができました)、中央高速で一路山梨へ。


11時頃に勝沼に到着。まずはランチの予定でしたがまだ時間が早すぎるため、近くのぶどう狩園でまったり。
何も買わないくせに、しっかり試食させていただきましたわーい(嬉しい顔)

060820_1.jpg


写真ではわかりにくいですが、ぶどうと一緒にキウイが育てられています。日よけの意味があるんだそうです。

しばし涼んだあと、ローストビーフが自慢のレストラン「風」へ移動。


060820_2.jpg


自慢のローストビーフの写真を撮るのを忘れてしまいましたがもうやだ〜(悲しい顔)、おいしいワインを何種類も堪能させていただき大満足でした♪ローストビーフもかなりがっつりな量で、おなかいっぱいわーい(嬉しい顔)


おいしい食事の後、メルシャン勝沼ワイナリーへ。


醸造施設を見学させていただいたあと、社員の方のお話を聞きながら、ワインのテイスティングをすることができました。


060820_3.jpg


今回いただいたのは、

・ももいろメルロー2005年
・甲州きいろ香 2005年
・甲州 グリ・ド・グリ 2005年
・長野シャルドネ 2004年
・長野メルロー 2003年
・カベルネ・ソーヴィニオン&メルロー 2003年

(全てシャトー・メルシャン)

の、6種類です。
写真には全種類写ってません・・・。

どれも美味しかったのですが、しいていえばシャルドネが好きかな〜・・・?


そしてテイスティングでほどよく酔っ払ったあと、ぶどう畑へ。

山の上のほうにあり、道が狭く急なのでバスが通れないため、小さなワンボックスに分乗して向かいました。


到着すると、一面のぶどう畑!気持ちのよい風が吹いていました。


060820_4.jpg


ここでは、ぶどうを垣根で栽培しています。私は、ぶどうといえば棚で栽培しているイメージが強く、垣根というとフランスの写真とかでしか見たことがなかったので、とっても新鮮でしたexclamation


そんなわけで、ワイナリーを散々堪能した後はお土産を買い、名古屋へと帰っていったのでした。


いやー飲んだ。
合計したら、一人でワインボトル2〜3本くらいは飲んだだろうな〜。


夜はぐったりでしたが、楽しい日帰り旅行でしたわーい(嬉しい顔)
posted by りえぴぃ at 15:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 酒蔵見学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23950925

この記事へのトラックバック


Excerpt: 垣根垣根(かきね)とは、家や庭などの区画として設ける囲い。一般に竹で編んだものや木を植えた生垣をいう。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:..
Weblog: 造園・園芸を語る!
Tracked: 2008-02-27 10:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。