2006年09月30日

讃岐うどん三昧

V6010084.JPG
昨日、高知から香川に移動し、すでに讃岐うどんを3杯食べました。画像は、一番美味しかった店のものです。うどん処讃岐でも、味にはかなり差があります。
明日、名古屋に帰りますが、モーニングはもちろんうどんを食べるつもりです。(^o^)


rieko
posted by りえぴぃ at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | よっぱらい活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

土佐でがっつり

V6010082.JPG
高知に旅行に来ています。もちろん、土佐鶴も既に買い込みました。ムフフ(^^)
昨夜は皿鉢料理を食べました。かつおのたたき、美味しかったなあ(^o^)

これから香川に向かいます。讃岐うどん三昧の日々が始まります。


rieko
posted by りえぴぃ at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | よっぱらい活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

かつおのたたき バルサミコ風味・その1

私はかつおが大好きです。

5月には当然ガツガツ食べるんですけど、最近またスーパーで生のかつおを
見かけます。戻りがつおってやつでしょうか。


というわけで、大好きなかつおのバルサミコ的食べ方です。


--------------------------------------------------------------

katsuo_01.jpg


[材料]

・かつおの刺身 1さく
・玉ねぎ 1/2個くらい
・みりん 大さじ2くらい
・しょうゆ 大さじ2くらい
・バルサミコ酢 大さじ2〜3くらい
・トマト 小1個くらい
・きゅうり 1/2本くらい
・にんにく 1〜2かけくらい
・塩、こしょう適量(こしょうは荒びきを推奨)
・オリーブオイル適量



[作り方]

1)何よりも先に玉ねぎをスライスし、そのまましばらく放置。(玉ねぎを空気にさらすと、血液サラサラ成分が増えるらしいということをテレビで見て以来、ずっとそのようにしているため。味に与える影響はわかりません)

2)たまねぎの放置プレイ中、トマト・きゅうりを3〜4ミリくらいのさいの目に切り、みりん・しょうゆ・バルサミコ酢を混ぜた中に投入。そして玉ねぎも投入。塩コショウで味を調えて、玉ねぎソースを作る。

3)フライパンに、スライスしたにんにくとオリーブオイルを入れて暖め、かつおを投入。まわりの色が変わる程度に焼き、取り出したら、まな板で一口サイズにスライスする。にんにくは、カリカリにしておく。

4)スライスしたかつおを皿に盛り、カリカリにしたにんにく、玉ねぎソースを上からかけて、出来上がり。

--------------------------------------------------------------

簡単だけど、うまいぜ。

posted by りえぴぃ at 02:00| Comment(4) | TrackBack(0) | つまみレシピ 〜 魚介メイン系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

鳥ハム

鳥ハム(鳥はむとも書くらしい)をご存知でしょうか。私も「はなまるマーケット」で見て、初めてその存在を知りました。

ようするに鶏の胸肉に塩分・糖分を浸透させたあと、低温で火を通すと、まるで高級ハムのような食感になる、というものです。

早速作ってみたところ、これがうまい!!!本当に、ちょっと高いロースハムみたいです。

超簡単で材料費もかからないし、おすすめです。

--------------------------------------------------------------

torihamu_4.jpg

[材料]

・鶏胸肉
・塩 (肉一枚につき小さじ2くらい。自然塩がよい)
・胡椒 (肉一枚につき小さじ1/2〜1くらい。)
・砂糖 (肉一枚につき小さじ1くらい。)

[作り方]

1)鳥むね肉全体に、砂糖をまぶしつけ、その後塩・こしょうをすりこむ。塩はやや多めでもOK。

2)ポリ袋などに肉を入れ、空気を抜いて、冷蔵庫で2日くらい寝かせる。

3)2日たったら、肉の周りの塩を軽く洗い流し、ボウルなどに水を張ったところにつけて30分くらい塩抜きする。私の経験上、きっちり30分が一番美味しかった。それ以上つけてしまうと、塩味とうまみが抜けて美味しくなくなってしまう可能性があります。

torihamu_1.jpg

4)30分たったら水から出し、タコ糸などでしばって、筒型に形を整えます。このプロセスは絶対必要ではないので、面倒だったらやらなくても大丈夫です。でもやってあげると、よりいっそう高級ハムっぽくなります。

torihamu_2.jpg


5)鶏肉が余裕ですっぽり入るサイズのお鍋にお湯を沸かし、塩抜きした鶏肉を入れます。そのまま火にかけ、再度沸騰したら火を止めてふたをし、そのまま冷まします。

torihamu_3.jpg


6)完全にさめたら、ゆで汁から取り出してタッパなどに入れて冷蔵庫で保存します。そのままスライスしてもよし、サラダに入れてもよし、サンドイッチにはさんでもよし、とっても便利です♪


--------------------------------------------------------------


肉を漬け込むときに、スパイスなどを入れるとオリジナルな味になるかも♪
ちなみに、ゆで汁はスープの美味しいダシに使えます!
posted by りえぴぃ at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | つまみレシピ 〜 肉メイン系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルシャン勝沼ワイナリー見学ツアー(2006/8/20)

8/20、山梨県の勝沼にある「メルシャン勝沼ワイナリー」を見学するバスツアーに参加してきました。


朝7:00に久屋大通駅前に集合し(まじですか・・・?と思いましたが、なんとか遅刻せずつくことができました)、中央高速で一路山梨へ。


11時頃に勝沼に到着。まずはランチの予定でしたがまだ時間が早すぎるため、近くのぶどう狩園でまったり。
何も買わないくせに、しっかり試食させていただきましたわーい(嬉しい顔)

060820_1.jpg


写真ではわかりにくいですが、ぶどうと一緒にキウイが育てられています。日よけの意味があるんだそうです。

しばし涼んだあと、ローストビーフが自慢のレストラン「風」へ移動。


060820_2.jpg


自慢のローストビーフの写真を撮るのを忘れてしまいましたがもうやだ〜(悲しい顔)、おいしいワインを何種類も堪能させていただき大満足でした♪ローストビーフもかなりがっつりな量で、おなかいっぱいわーい(嬉しい顔)


おいしい食事の後、メルシャン勝沼ワイナリーへ。


醸造施設を見学させていただいたあと、社員の方のお話を聞きながら、ワインのテイスティングをすることができました。


060820_3.jpg


今回いただいたのは、

・ももいろメルロー2005年
・甲州きいろ香 2005年
・甲州 グリ・ド・グリ 2005年
・長野シャルドネ 2004年
・長野メルロー 2003年
・カベルネ・ソーヴィニオン&メルロー 2003年

(全てシャトー・メルシャン)

の、6種類です。
写真には全種類写ってません・・・。

どれも美味しかったのですが、しいていえばシャルドネが好きかな〜・・・?


そしてテイスティングでほどよく酔っ払ったあと、ぶどう畑へ。

山の上のほうにあり、道が狭く急なのでバスが通れないため、小さなワンボックスに分乗して向かいました。


到着すると、一面のぶどう畑!気持ちのよい風が吹いていました。


060820_4.jpg


ここでは、ぶどうを垣根で栽培しています。私は、ぶどうといえば棚で栽培しているイメージが強く、垣根というとフランスの写真とかでしか見たことがなかったので、とっても新鮮でしたexclamation


そんなわけで、ワイナリーを散々堪能した後はお土産を買い、名古屋へと帰っていったのでした。


いやー飲んだ。
合計したら、一人でワインボトル2〜3本くらいは飲んだだろうな〜。


夜はぐったりでしたが、楽しい日帰り旅行でしたわーい(嬉しい顔)
posted by りえぴぃ at 15:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 酒蔵見学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。