2005年11月28日

生道井 ひやおろし吟醸原酒

生道井


複雑な味わいです。原酒なので濃いのですが、清涼感もあり・・・。
つまみの味に負けないので、結構濃い味付けの料理に合わせるといいかもしれません。


にほんブログ村 酒ブログへ にほんブログ村 イラストブログへ
posted by りえぴぃ at 17:53| Comment(2) | TrackBack(0) | よっぱらいの記録〜日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

古酒・達磨正宗の醸造元 ・ 合資会社 白木恒助商店さん

実は私、日本酒講座なるものに通っております。といっても利き酒師とかを目指しちゃうような本格的なものではなく、あくまで趣味の内容ですけどね。毎回、おいしい日本酒をがっつり飲んでるわけです。

で、今回はその講座の先生が主催する「蔵元見学ツアー」に行ってきました。

お邪魔したのは、岐阜にある、「達磨正宗」という古酒を作っている白木恒助商店という蔵元さんです。


お昼過ぎに名古屋市の今池に集合して、そこからバスで岐阜の蔵元へ。

さすがにツアー参加者全員が酒好きなだけあって、出発したと同時にビールおよびつまみが配られる、みたいな。

私も、いくらお酒が好きとはいっても、昼間から飲むなんてせいぜい正月くらいでめったにないことなので、目的地に到着する前にすでにほろ酔いでした。

迷いながらも、田んぼの中にたたずむ蔵元さんになんとか到着。
入り口では、「笑ゥせぇるすまん」似のだるまさんのキャラクターが
お出迎えしてくれました。

笑ゥせぇるすまん

中に入ると、社長さんが古酒を作るようになったいきさつなど、いろいろな話をしてくださいました。ロマネコンティの蔵にも特別に入れてもらったことがあるそうです。

そして試飲。今まで古酒というものをほとんど飲んだことがなかったのですが、おいしい!香りは、紹興酒や、カラメルのような、香ばしい感じ。でも味はもっとふくよかで、深みがあります。いろいろ飲ませていただき、大満足です。

その後、蔵を見学。中にはたくさんのタンクが並びます。それぞれが既に何年も熟成させているものばかり。蔵の中だけ時間がゆっくりと流れているような、そんな感じがしました。

蔵の中

たくさん写真を撮ったのですが、真っ黒なダメ写真ばかりだったので、一枚だけ掲載します^_^;


最後は買い物タイム。この蔵元さんでは、自分で熟成させて古酒にして、好きなときに飲む、といった趣旨の商品(赤ちゃんが生まれたり、結婚したりといったときの記念に買って、赤ちゃんが大人になったら飲もう!みたいなね)も売られていて、おみやげにそれを買って帰ったのですが、私が購入したものは2000年に作られたものなので、今の時点で既に5年ものなわけです。

何年か寝かせて飲もう!と、今は思っていますが、一週間もしないうちに「5年も熟成されてるわけだし、もう古酒だよね。」ということになり、飲んでしまわないだろうかと、それだけが心配な私です。。。

そうこうしているうちに、あっという間に帰りの時間となり、私たち一行は一路食事会の会場へと向かったのでした。(もちろん古酒を飲む)

白木恒助商店さん、貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。

社長

いろいろお話をしてくださった、社長さんです。

posted by りえぴぃ at 14:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 酒蔵見学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

手造り氷温熟成酒 勲碧

kunpeki.gif

某大学で開講している、社会人向けの日本酒講座で飲んで、大変おいしかったので、百貨店に買いに行きました。

濃厚で甘口。トロっとしていて濃いお酒。パンチがあります。
posted by りえぴぃ at 00:05| Comment(3) | TrackBack(0) | よっぱらいの記録〜日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。